2019/10/29

AI、RPA実証実験/業務改革モデルプロジェクト 大阪府泉大津市

役所の業務効率化全国的に先進的な自治体事例を視察をさせていただきました。
当市では、窓口対応とデスクワークの両方を行い、業務過多の状況にあると考えられる窓口担当課及び全庁的な内部管理事務を担う課の全12課を対象として、調査・分析を実施をしています。業務可視化で見えた大量の「入力作業」のところからAI・RPAを使う実験をおこなうことなどを通じて「業務改善」を試みています。

結論として、年間市役所内の業務の時間削減をしています。
・給与管理業務 494時間
・軽自動車税賦課業務 1014時間

まだまだ、これから推進をしていく必要があるとの事ですが、これからの数年で役所のあり方も変わってくると思います。先進的な自治体と後発組とでは、今後市役所や市民が受けられる インセンティブも変わっていくように視察を通じて感じま
事実、

・平成30年度業務改革モデルプロジェクト
http://www.soumu.go.jp/main_content/000611110.pdf

http://www.city.izumiotsu.lg.jp/…/gyoumu…/1540954682257.html

・業務改革推進支援業務 実施結果報告書
http://www.city.izumiotsu.lg.jp/…/gro…/59/houkoku_gaiyou.pdf

・業務改革推進支援業務実施結果報告書
http://www.city.izumiotsu.lg.jp/…/g…/59/saisyuhoukokusho.pdf