2020/06/11

27歳若手経営者が”最年少最で最高額” 故郷に1億1円寄付 竹花貴騎氏|株式会社Limのプレスリリース

お隣のまち東村山市ですが、素晴らしいニュース。
市へ一億一円の寄付!!とのことです。竹花さんからは、「地域で育ちててもらった恩を返すのは当たり前です」と言う趣旨のお話がありました。地域を支える人がたくさん増えればこの国や街はまだまだ、明るい未来はあるし、そこに向かって頑張れる…そんな勇気をもらえました。教育への投資のお考えも共感です。

シンガポールを本拠地として世界6カ国に人工知能を活用したAIマーケティングシステムを提供するLimグループ代表竹花貴騎氏(27歳)が東京東村山市に1億1円の個人寄付をされています。会見で渡部尚東村山市長は「最年少で最高額の寄付だ、とても嬉しい」と語っています。

その熱意を受け渡部市長は市内の全小中学生約1万人に対し、一人1台のタブレット端末の賞与を計画するなど、オンライン学習環境の整備を早期に進める計画を示しています。

気になる1億1円の、1円の理由について、「わざと1円の端数を作ることで切りを悪くし、継続的な支援ができるように」と語っておられます。

▶︎PRTIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000037853.html

▶︎Limグループ
https://www.lim-japan.com/

▶︎竹花財団
https://www.takakitakehana.com/social

#1億1円の寄付
#地域を守る