2019/04/07

障がいをお持ちの方とのお話の会

先日の出来事ですが、出席をさせていただきました。障がいをお持ちの方、その保護者の方が多くご参加下さいました。
その人がその人らしく輝ける世の中をつくること。それが私の目標です。

その中で、私からは三点お話させていただきました。

〜〜〜
1.障がい者の自律と雇用をどのように実現すべきか。
民間企業との提携・ノウハウを活用し雇用に繋げる必要があります。

企業側はおおよそ以下の課題を抱えています。

①業務の切り出しが困難。
②社内業務可能な障がい者の採用が困難。採用方法が分からない。
③障がい者の職場定着率が低い・すぐ辞めてしまう。
④法定雇用率未達成により入札などへの影響が懸念される。法定雇用率2.3%へアップに対しての対策がとれていない。

小平市においても、障がい者をお持ちの方の側のニーズと企業側のニーズを調整する機能が必要です。

2.精神障がいをお持ちの方への支援
障がい者総合研究所が実施した「会社への満足度に関するアンケート調査」によると、精神障がい者の53%が「年収199万円以下」。一方で、身体障がい者の「年収199万円以下」は26%にとどまっている。
一方、精神障がい者への支援は他の障がいよりも弱く、課題があります。

3.お一人お一人の声、状況やニーズを把握する必要がある

さまざまなケースがあるので、より時間をかけ傾聴をすることで個別具体的な声を確認した上で、必要なフォロー 支援を差し上げる必要があると考えます。

〜〜〜