2020/05/26

緊急事態宣言解除後の市の対応

東京都に対する緊急事態宣言が解除されたことを受け市の対応が出ましたのでご案内します。

◉臨時休館中の公共施設の再開について

・ステップ1:
平櫛田中彫刻美術館、鈴木遺跡資料館、市民総合体育館、テニスコート、グラウンド関係、きつねっぱら公園子どもキャンプ場、市民広場(4施設)、ふれあい下水道館、図書館(※1)

・ステップ2:
東部・西部集会室、地域センター、小平元気村おがわ東、市民活動支援センターあすぴあ、男女共同参画センターひらく、萩山卓球室、花小金井武道館、公民館、福祉会館(※2)

・ステップ3:
児童館、高齢者館(ほのぼの館・さわやか館)

・ステップ-:
学校施設のスポーツ団体への開放(※3)、高齢者交流室(※3)

※1 既に予約してある図書等の受取りを6月3日(水)から開始し、新規予約の受付(ホームペ ージ・電話)を6月9日(火)から再開する予定です。

※2 福祉会館5階の市民ホールは、換気ができないため当分の間、貸出しはいたしません。 なお、地下の施設については、該当ステップ3となります。

※3 学校の教育活動が落ち着いてからの再開となります


◉小・中学校の今後の取扱いについて
5月31日まで臨時休業としていた市立小・中学校について、6月1日より段階的に教育活動を再開いたします。再開内容、授業時数確保に向けた対応及び学校行事等の取扱いにつきましては、別途、周知いたします。

◉ 保育施設等の対応について
5月31日をもって利用自粛期間を終了いたします。 保育施設等においては、密集・密接を完全に回避することは難しいことから、引き続き保護者のご理解、ご協力をいただきながら、基本的な感染防止策の徹底等を図ってまいります。
なお、学童クラブにおいては、学校の段階的な再開に応じて、春休みに準じた開所時間か ら、通常時の開所時間へと戻してまいります。

◉市主催(共催)イベントの今後の取扱いについて 5月31日まで中止、又は延期していた市主催(共催)イベントの取扱いについて、新しい生活様式や業種ごとに策定されるガイドラインに基づく適切な感染防止策を講じること を前提に、6月1日より、国の「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」及び東 京都の「新型コロナウイルス感染症を乗り越えるためのロードマップ」に基づき、開催制限 の段階的緩和を行ってまいります。

◉職員の態勢について
市の業務継続のため、4月17日より順次実施してきました交代制勤務等について、予定どおり5月31日で終了することといたします。
なお、特別定額給付金及び中小企業等家賃支援給付金業務により、業務が増加している部署については、全庁的な応援態勢による応援職員の派遣により対応いたします。

◉公園利用について
中央公園駐車 場及び複合遊具の利用抑制につきまして、緊急事態宣言の解除を受け、利用を再開すること
なお、引き続き、公園利用に際しては密集・密接を避けていただくよう御協力をお願いします。