2019/05/21

小平市議会5.20

臨時議会が開催され、いよいよ本格始動です。
私たちの会派からは磯山議員が議長となり、議会改革の旗を掲げさせていただきました。28人の議員のみなさまとともに、よりより議会へと変えて参ります。

さて、私は、以下の通り拝命致しました。
簡易かつ主観コメントもありますが、それぞれの役割 やミッションをご報告も兼ねて記載させていただきます。役割がかなり多いので、かなり働くことになりますが頑張ります!

〜〜〜

■議会
・常任委員会 総務委員会委員:
企画政策、監査、会計、市民部、契約検査などの行政調査、予算・条例等の議案や請願などの審査 提言を行う。市の根幹部分を支え、きちんと運営ができているかを見るポジション。私が選挙戦で訴えていた「稼ぐ自治体」をつくるためにも感度高く臨みます。

・都市基盤整備調査特別委員会 委員長: 
駅前再開発、都市計画道路、鉄道の連続立体交差化、
都市計画公園整備基本的事項の調査東京への審査を担当。私自身初の委員長でもありますので、所属議員の方がより円滑に意見を述べ、闊達な議論ができる場にすることがミッション。2年で委員長なのではっきり言って身に余る大役ですが、今の小平市にとって重要な案件を受け持ちます。

・広聴広報特別委員会 委員:
議会報 ホームページ 意見交換会の企画などを通じて議会として市民の声を広く聴き、また議会の動きを報せるポジション。これまでの経験上ですがどの委員会よりも集まる機会も多く、業務量が多いと思います。
市民と議会をキチンと繋げることが求められる。

・昭和病院企業団議会議員:
小平市を含めた7市により構成されている昭和病院の経営・運営を所管し、意思決定に寄与する。
なお、昭和病院企業団規約には以下の通り規定されています。
 企業団は、構成市住民の健康を保持するため、次の各号に掲げる事務を共同処理する。
(1) 医療法(昭和23年法律第205号)に定める公的医療機関としての病院の設置及び管理に関する事務
(2) 前号に掲げる事務に関連する保健衛生事務

上記踏まえで、構成市住民の健康を保持、増進を推進します。

・土地開発公社 評議員:
自治体が公共事業に必要とする土地の取得・造成・管理などを行うために設立された特別法人。評議員会として本事業に対して意見を申し述べます。

■会派
・副幹事長:会派のまとめ役でありリーダーである幹事長を補佐する。
チーム政和会のパフォーマンスを最大限に上げ られる他の議員の方のフォローは当然ですが、これまでできてこれなかった事も、率先して取り組んでいきたいと思います。

・三役 政調会:自民党三多摩協議会に政調会として、小平市の要望を東京都へ届けるなど他の自治体との連携を推進し政策を立案します。

〜〜〜