2022/07/20

【誰しも玉川上水の歩行をしやすく 続編】

以前のご相談をいただきました続編です。寺橋と朝鮮大の緑道箇所玉川上水沿と歩道、市道などから入る連結ポイントに自転車のスピードをおさえるための車止めが新たに設置されています。その結果交通安全効果が上がったと言う反面、・車椅子、ベビーカーなどなどが入りにくくなった・保育園でのお散歩で通行ができなくなった・設置した車止めに子どもや高齢者の方が足がひっかかり転倒したなどと言うご相談でした


▶︎前回報告事項https://www.facebook.com/100003503128401/posts/4826764757450247/?d=n

「交通対策と生活者への配慮のバランス」がポイントでした。玉川上水沿と歩道、市道などから入る連結ポイントに自転車のスピードをおさえるための車止めが新たに設置されています。

その結果交通安全効果が上がったと言う反面、と言うご相談をいただき管理者を交えて、近隣住民、ご利用者の方と実際にベビーカーや車椅子などを使用して現地検証を行いましたが、その検証結果と近隣住民の方と東京都、管理会社との協議の結果添付の資料の状況になり、合意に至りました。さまざまな方々のご協力をいただきました。ありがとうございました。引き続きさまざまな交通安全について対応してまいります。