2020/02/29

【小平市】新型コロナウイルスに関連した感染症について

まとめ

●対策本部の設置
●地域センター、公民館、図書館は3月2日から15日まで全館休館

詳細

1 小平市新型コロナウイルス感染症対策本部の設置について 小平市新型コロナウイルス感染症対策本部(以下「市対策本部」という。)については、
原則として、政府対策本部長より緊急事態宣言がされたときに設置することとしていたが、 令和2年2月27日に、政府が全国の公立小学校、中学校、高等学校、及び特別支援学校へ 休校要請をしたことを受け、緊急事態宣言に相当する事態と考えられることから、令和2年 2月28日に市対策本部を設置した。


2 市対策本部の体制 新型コロナウイルス感染症については、小平市新型インフルエンザ等対策行動計画及び新
型インフルエンザに係る業務継続計画(以下「両計画」という。)を準用して対応している。 市対策本部が設置されたことにより、両計画に記載の「市対策本部における各部の分掌事務」 に従って、調整部の健康・保険担当部長及び危機管理担当部長を中心とした全庁的な体制で 対応する。

3 市対策本部会議の主な内容
(1) 市立小学校、中学校の対応について
市立小学校、中学校については、国の要請に従い、令和2年3月2日から25日まで
の間、休校とする。各学校の校長に昨日の午前10時に決定を伝えるとともに、保護者
宛てに通知を行った。また、市ホームページやメールマガジンにおいて、同内容の掲載
を行った。
(2) 学童クラブの対応について 学童クラブについては、通常であれば午後の開所となるが、市立小学校、中学校の休
校を受けて、同期間中は午前8時15分から午後6時まで開所することとする。対応す る人員体制の状況によるが、最低でも1クラブは開所することとする。学童クラブの開 所については、既に保護者に通知済である。
(3) 保育園の対応について 公立保育園については、正規職員の体制が整うことから、通常どおり開園する。私立
保育園についても、通常どおり開園する。
(4) 地域センター、公民館、図書館の対応について

地域センター、公民館、図書館については、感染予防が目的で自宅待機をしている児 童・生徒が来館してしまうこと、重症化リスクの高い高齢者の利用が多いこと等を考慮 に入れて、国が重要な時期としている3月2日から15日までの間、全館を休館とする。